大学2年を振り返って

電子情報工学科の2年生について

詳しく解説して行こうと思います

 

0章:最初に

普通の大学は3年前期が一番の山場であるが

我が電子情報工学科は2年生が一番の山場であるので

ここが人生で一番の山場だと勝手に考えてました

電子は一番留年する人が多いのでこの2年でへばる人が多いとのこと

そんな2年生をどう過ごしたか

解説していきます

 

1章:単位数

上限解放できてましたので

前期は26単位で後期で16単位で合計42単位をかっさらいました

1年と2年で合計85単位

卒業まであと35+8単位?

履修登録のときに卒業要件を確認しながら

人文科目は前期に6単位、後期に2単位を獲得しました

英語は前期に1単位、後期に1単位を獲得しました

第二外国語は前期に1単位、後期に1単位獲得しました

前期に多めに人文科目をとったので

計算通り進んでいます

また、2年後期は必修が体育と実験のみですので

卒業要件(*1とか*2とか)の印があるやつを選んで履修しました

結局卒業までにとる単位数は収束しますので

いつ履修してもいいけど

卒業要件に必要な単位は早めに履修しておくと

学務の後出しじゃんけんにも勝てます

 

2章:GPA

1年前期:2.69

1年後期:3.27

2年前期:3.11

2年後期:3.53(推定)

通算:3.11

1年前期はみんな比較的低いものの

1年後期から本気を出し始めるので

みんな3は超えて当然

いくら電子がきついと言っても

授業中にまじめにノートとっておけば

80点くらい余裕

ある科目を必死にやって90点とるよりも

まんべんなく80点以上を目指す方が賢い

なぜなら過去問を完璧にするだけで80点取れるから

コスパ最強

ある教科に特化するとその道で飯が食えると言いますが

飯を食うのは大学を卒業してからや

まずはユーティリティな人間になりましょう

特化するのは院に行ってから

 

3章:バイト

2年前期は大変でしたのでバイトは週2程度

でも後期から暇すぎでしたので

授業をおろそかにしてでもバイトに入って稼いだところ

9,10,11,12の4ヶ月で40万円稼いだ

授業をおろそかにしたと言っても宿題をテキトーにやっただけ

授業じだいには必ず出席して極力ノートをとりました

でもバイトをしすぎてうつ病になった

(うつ病になったのは生徒のせいだけど)

ローソンの夜勤も体がもたないので

塾もローソン夜勤もやめました

バイトをやめて2月からの授業はばっちり集中して聞けました

やはり大学生の本業は勉学

お金に目がくらみバイトをしたくなる気持ちは

山と山で山々ですが

バイトはほどほどにして勉学に励むのがよし

 

4章:お酒

2年前期は大変だし、20歳になった人も少ないので

飲み会はほとんどなくて基本一人で缶ビール飲んでました

しかし2年後期になるとちゃくちゃくと20歳が増えて

暇が多くなってきて飲み会を結構しました

しかしみんな飲む量がそんなに多くないので

結局飲み会が終わったあとに一人でバーに行ったり

お家で一人で飲んだりとややかなしかった

一番コスパのよいお酒はストロングゼロか500円の赤ワイン

一番同じペースで飲めたのはにせぱん(@nise_kit)

3年からもどんどん飲み会をしていこう

 

5章:プログラミング

みんなプログラミングができないって言ってるし

俺様ももちろんど素人

せっかく情報系の学部にきたので

プログラミングを習得しないともったいないって思ったので

2年後期の暇なときにプログラミングの練習をしてました

C言語なんて基礎の基礎らしい

普通はjavaやパイソンとかルビーとか人気で

C言語すら習得してないのは

情報工学部の名が廃るでしょ

 

6章:環境

俺様の周りのお友達はみんな優秀

GPA3.5を普通に超えてくる秀才

少しの隙間時間を見つけて課題をしたり

本を借りて勉強してたり

熱心な人ばかり

なによりも某SNSツイッターとかで

自分の知識を自慢しないのがすごい

周りの友達が一生懸命勉強しているので

これが普通なんだと思っていたら

大間違い

他の学科の人やツイッターを見る限り

遅刻した〜絶起した〜単位落とした〜

って言っててやっぱ電子の秀才は一味違うと思いました

周りの秀才が同じ目線で勉強をしているからこそ

俺様もフル単でがんばれているのだと思います

 

7章:最後に

項目をわけてだらだら書いてたけど

俺様が思うことは

「できるかできないか」ではなく 「やるかやらないか」

やるんだよ

やれ