山のてっぺん

電子情報工学科のみなさん

生きていますでしょうか

思い返せば4月8日から始まった

鬼門 難攻不落 天王山 電子の壁の2年前期

電磁気実験プロ設コマ数多い100分授業

 

寝て起きて学校行って課題もらって家帰って酒飲んで課題して

寝て起きて学校行って課題もらって家帰って酒飲んで課題して

この黄金サイクル

 

気づいたら8月10日

一瞬であった4ヶ月

一瞬の前期

一生の記憶

忘れられない前期

忘れてはいけない前期

その前期も残すところあと1日

いや、あと1教科

 

そこに立ちはだかるプログラム設計

まさに2年前期の集大成

試練としてふさわしい教科ではないか

・脳みそがついてないと言われたあの日

・存在理由がわからないと言われたあの日

・おとといきやがれと言われたあの日

・こ↑こ↓

・な↑ぜ↓か↑

・マンコマンド

・絵をかけ

プログラムの講義内容は覚えてないと言っていいだろう

 

もっとも苦手で自信のない科目

勝つか負けるかのギリギリである

その勝つか負けるかのギリギリのところにしか

本当の勝負は生まれない

期末考査というのはテストが始まる前から決着は付いている

(賄賂ではない)

脳は記憶するところではない

汗をかくところだ

記憶するところは魂である

 

止むを得ずの事情以外で欠席をしなかった

俺様に勝利の女神は力を貸してくれる

あとは

登校して

字を書くだけ

それ以外ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこともあり8時15分に甲子園の視聴予約で起きました

木更津総合がまさかの逆転負けで

木更津にかけなくてよかったと思いました

 

そのあとの花咲徳栄

いままでのチームで一番強そうでした

ピッチャーは二人いるので

連戦でも大丈夫

あと日本航空高校石川のマネージャーかわいいね

 

4限と5限はテストでしたので

ノコノコと登校しました

ドイツ語も心理も無能ですので

一番最後までかかりました

まぁいいや

 

帰宅していると

otb先生に声をかけられました

先生「あ、優秀なkntnだ」

kntn「いえいえ、とんでもない無能ですよww」

先生は飲み会に参加するみたいでしてて

一緒にコスモスまで帰りました

デートでした

手をつなぎました

キスもしました

そしたら90点にしてくれるって言ってくれました

教授側の裏事情を聞けてよかったです

先生「◯◯BEEはクソ」

 

明日は大会屈指の好カード

楽しみです

 

 

 

明日は最後の山登り